<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ゆずジャム

柚子をたくさんに頂いたので

久しぶりにジャム作りを。

 

お砂糖が三温糖しかなかったので、なんとも色黒なジャムに出来上がりました(笑)

しかしながら、早速ランチでパンに付けて食べたら程よい甘さで美味しい。

 

p_20200220_104043_1[3362].jpg

 

熱々のうちに瓶詰めして、蓋をして逆さまにして冷やして保存。

一個はまだ蓋をしていない状態

 

美味しいと母が言ってくれたので、気分が良いからブログへカキカキすることにしましたのさ。

 

 

で、

 

今 慌ててカキカキしようとDELLノート起動して

カキカキしているのだが・・・・・・・・

 

なんか、変なキータッチの音がする。。。

 

ひぃ。。。。

 

とうとう。。。とうとうか。。。DELLくんよ。。とうとうか。。。

 

 

 

 

 

 

ここまで、書いてふと午前中使用した時のことを思い出してみた。

 

 

DELLくん、持ち上げてみたらゼムクリップが

ニヤリ顔で独り佇んでおられた。。。。。

 

 

おぬしか?


すくいあげたら、変な音は何もしなくなった!

 

 

あはは。

 

よかったぁ。。

 

 

あれ、、、ジャム作りの話が逸れた。

 

 

またね。

 

 

| 手作り | comments(0) | -
悪い癖

最近、家の中でいつも聴いているSpotifyが

 

めっちゃ広告というか、曲と曲の間で

「Spotifyからのお願いです。」っていうのよねぇ。

もう、30分に1回くらいの頻度って言わないくらいに言うのよねぇ。

 

 

そりゃ無料で聴いているから仕方ないのかもしれないけれど

2年くらい前には、全くそんなんなかったよねぇ。

どうしたものかねぇ。

オイラみたいに無料会員(会員でもないか。)ばかりになったので

広告聴きたくなかったら、有料会員になりなさいませぇ〜って言うことだろうけどねぇ。

 

やだよぉ。

 

 

なんでって、オイラ Amazonプライム会員だもん。

2つも有料番組会員なんて、宝くじにでも当たらないと入れませんぜ。

 

んで前々から、気になって

 

気になって

 

気になって

 

木になってしまうほど

・・・って根が生えたわけではないがね。

 

「ねぇ、アレクサぁ〜音楽かけてぇ〜」って

言ってみたいとさねぇ。

 

そぉしたらさ、

 

なぁんと、今Amazonで、Echo dotがキャンペーンで

1個5,980円が、2個セットで5,980円!!!

 

きゃ〜♪

なんてことでしょう〜。

 

今月の2月28日までのキャンペーンらしい。

思わず、スマホのカレンダーの2月27日朝9時にスケジュールとして

登録しましたぜ。

 

しばらく、お財布大臣と交渉してみます。(笑)

 

 

アレクサぁ〜待ってておくれ。

 

| つれづれ | comments(0) | -
こいしり

『まんまこと』シリーズの第2弾である

『こいしり』、作家は畠中恵さん。

こいしり (文春文庫) [ 畠中 恵 ]

価格:649円
(2020/2/11 13:44時点)
感想(25件)

 

 

町名主名代跡取りの麻之助が、名代として板についてきたころ、幼馴染みの清十郎の父が卒中で倒れてしまい

その父の病床での願いを聞くべく様々な難問を解決していく・・というような流れの物語。

 

相変わらずな麻之助のお気楽な性格に、ほくそ笑みながら読み進めた一冊。

ますます、この麻之助の今後が楽しみになってしまった。

 

| 読書 | comments(0) | -
ノートパソコン

ノートパソコンって、どのくらいの寿命なんだろう。

 

むかぁし、むかし。

 

パソコン屋で働いていたときには、よく「ハードディスクは5年位が寿命ですねぇ」

なんて、お客様に言っていたが、今どきはどうなんだ?

 

ってかね、

先日書いたけど、オイラのノートパソコン10年くらい使ってるのよね。

んでもって、何年前だか忘れたけどHDDをSSDに載せ替えて

すんごくいい動きしてくれてて、10年選手だなんてわからないくらい。

 

でもさ、液晶画面がしら〜って白くなって横線入るとビビるやん。

 

そんなこんなブログカキカキしている今でも、きれいに画面出てるから

大丈夫なんやろうけれど・・・怖いさねぇ。

 

ノートパソコンの液晶画面の寿命なんて、あってないものだよねぇ。

ヒンジの部分で開閉回数でも違うだろうし、当たり外れもあるだろうし、
開閉時の速度も関係するのかなぁ・・・なんて思うものだから

最近は、そろぉりぃ、そろぉ〜りぃと心で呟きながら

そぉって 開ける。

 

んでもって、やはり怖いので、

開けたら大丈夫なうちに・・って思って、

「これでもかっ!!!!!」ってくらい

読了本のアップを一気にやってしまうおバカなオイラがここにいる。

 

ということで、ここ数日でブログアップ率發ぁ(笑)

 

 

そして、きまぐれなオイラなので

期待はしないでおくれ。

 

またね。

 

| つれづれ | comments(0) | -
しゃばけ

畠中恵さんの『しゃばけ』

しゃばけ (新潮文庫 新潮文庫) [ 畠中 恵 ]

価格:693円
(2020/2/9 17:03時点)
感想(175件)

 

 

そう、すぐさまこれも『うそうそ』読み終えたあと

図書館で借りてきましたわ。

 

生まれつき体の弱い若だんなの出生の秘密?からなんから解る、やはりシリーズ最初の本。

これで、先に読んでしまった『うそうそ』の話を

(なるほどねぇ〜)と解ってオイラもすっきり。

 

こっそりと一人で家を抜け出し、外出した晩に出くわした殺人事件に始まり、妖が取り憑いた奇妙な事件の連続にそれを解決すべく若だんなと手代たちが乗り出す話。

 

しかし、若だんなの能力がおもしろい。

そして妖たちの可愛らしさや強さと不思議さがとても非現実的で読んでいてその様を想像するだけでもおもしろい。

誰かが、和風おとぎ話だと書いていたが本当にそんな感じ。

 

さぁ、またシリーズの続編を借りにいかねばならない。

 

 

| 読書 | comments(0) | -
うそうそ

『しゃばけ』シリーズ第5弾になる

畠中恵さんの『うそうそ』

うそうそ (新潮文庫 新潮文庫) [ 畠中 恵 ]

価格:693円
(2020/2/9 16:45時点)
感想(159件)

 

 

『しゃばけ』なるものを知らずして借りてしまった。(笑)

生まれつき体の弱い若だんなが初めて旅に出る物語。

 

妖が見える若だんながいろんな災難に遭いながら旅を続け…

いや、旅が旅ではないような行程だなぁ。

 

体はめちゃ弱いんだけれども、精神的にはしっかりとしているなぁと思う若だんな。

すごく大変な目に遭っている最中でも、心の中でつぶやいていることがなんとも落ち着いている感じがとても好きで、これはもう『しゃばけ』シリーズ、最初から読まなきゃねぇ。

 

ちなみに、『うそうそ』の意味は、

【落ち着きなく歩き回ったり見回したりするさま。 うろうろ。きょろきょろ。】

らしい。

図書館で初めて題名をみた私は、なんだか嘘のような騙されるようなそんな話かと

大きな勘違いをして借りてしまったのさ。

 

むずかしいねぇ、日本語は。

 

 

| 読書 | comments(0) | -
図書室のピーナッツ

竹内真さんの『図書室のキリギリス』続編になる

『図書室のピーナッツ』

図書室のピーナッツ (双葉文庫) [ 竹内 真 ]

価格:759円
(2020/2/9 16:40時点)
感想(0件)

 

そう、『図書室のキリギリス』読了のあとすぐさま図書館で借りてきましたわ。

 

学校司書として働き始めた詩織さんが2年目を迎えてのお話。

 

図書館司書や学校司書が、来館してきた人たちに探しもののお手伝いをどのような形で提供するかとか興味深いお話が混ざりながらの物語になっていた。

単に、探している本の名前が解っているだけではなく、○○といったものについて調べたいときにどのような本を勧めたらいいかとか、奥が深いんだなぁと本当に感心しながら、そしてまたググったりメモしたり。(笑)

 

普通ならあっという間に読了!ってなるんだろうけれども、ついつい横道に私もそれちゃうものだから時間かかったわぁ。

 

ほんと、いい本に出会えた感満載。

 

余談だが、竹内真さんって『図書館のキリギリス』を読み終わるまで女性の方だと私は思ってた。

 

| 読書 | comments(0) | -
<< | 2/107PAGES | >>